少僧都(読み)しょうそうず

精選版 日本国語大辞典「少僧都」の解説

しょう‐そうず セウソウヅ【少僧都】

〘名〙 仏語。僧綱一員僧正の下にあって、大僧都を助けて僧尼を統率する僧官
※続日本紀‐文武二年(698)三月壬午「智淵法師為少僧都

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報