少僧都(読み)しょうそうず

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐そうず セウソウヅ【少僧都】

〘名〙 仏語。僧綱の一員。僧正の下にあって、大僧都を助けて僧尼を統率する僧官。
※続日本紀‐文武二年(698)三月壬午「智淵法師為少僧都

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android