コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧官 そうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧官
そうかん

中国仏教における僧尼を統轄し,教法の維持を任務とする官職東晋の安帝 (在位 396~417) の時代に始り,沙門統統,僧正,僧主などが設けられた。日本でもこれにならって仏教の役職として僧綱がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐かん〔‐クワン〕【僧官】

朝廷から僧に与えられる官職。僧正・僧都(そうず)・律師など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

僧官【そうかん】

朝廷が僧に与えた官職。日本では中国の僧官を見習って,624年に僧正・僧都・法頭(ほうず)の3官を置いたことに始まる。のち684年に僧正僧都・律師からなる僧綱(そうごう)を置いて,全国の僧尼を統轄し,法務を統べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうかん【僧官】

政府から任命されて,教団を統率し宗教業務をつかさどる僧をいう。中国においては,北魏道武帝が皇始年間(396‐397)に法果を道人統に任じたのが,もっとも早い記録であり,後でも405年ごろに僧主,悦衆,僧録を置いた。僧官の名称は時代によってさまざまであったが,おおむね南北朝時代には,北朝は道人統の系統をひく沙門統,昭玄統を長官とし,南朝では後秦の制をついで僧正の名称が用いられた。この時代の僧官には,僧尼の裁判を仏教の戒律に従って行うなど,ある程度の自由性が認められていたが,唐代になると俗官が統制にあたり,中央僧官すら久しく置かれなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうかん【僧官】

僧に与えられる官職。僧正・僧都そうず・律師など。 → 僧位

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧官
そうかん

僧尼を統括し、その非行を取り締まる役。国家は仏教教団を行政組織に組み入れて支配するために、種々の制度を設け、さらに僧官を任命した。日本では、すでに養老令(ようろうりょう)(718)に僧尼令27条があって僧尼を取り締まり、それより先、624年(推古天皇32)に百済(くだら)の僧観勒(かんろく)が僧正(そうじょう)に任ぜられ、683年(天武天皇12)には、中央に僧正、僧都(そうず)、律師(りっし)の僧綱(そうごう)を置き、地方の寺にはそれぞれ三綱(ごう)(上座(じょうざ)、寺主(じしゅ)、都維那(ついな))を置いて僧尼を取り締まった。有能な僧を僧官に任命して僧尼を統括させることは、すでに中国にある。北魏(ほくぎ)の時代(397)に法果を沙門統(しゃもんとう)に任じた。後秦(こうしん)の時代(405)には僧(そうりゃく)が僧正に任ぜられ、僧遷が悦衆(えつしゅ)、法欽らが僧録(そうろく)に任ぜられたという。彼らは国家から費用が給せられ、この制度が日本に移入せられて僧綱の制度となった。
 奈良・平安時代には僧綱の権威は強大で、僧尼の非行を取り締まり、出家と還俗(げんぞく)の事務を行い、教団行政に君臨した。出家のとき僧綱より度牒(どちょう)(得度を公認する文書)が与えられ、在家の籍を抜き、人頭税が免ぜられた。最澄(さいちょう)が比叡山(ひえいざん)に大乗戒壇をつくらんとした目的の一つは、僧綱の支配を脱せんためであった。しかしのちには、僧官は名誉職となり、皇室や貴族出身の僧が高位の僧官に任ぜられるようになった。僧正は僧官の最高位であり、その下に僧都があり、僧尼を統括した。中国では6世紀に慧光(えこう)が僧都に任ぜられたのが初めで、日本では624年に鞍部徳積(くらつくりのとくしゃく)が任ぜられたのが最初であるという。僧録も僧官の1種であり、後秦代に初めて置かれたが、僧尼の名籍などを記録し、僧の人事をつかさどった。わが国では室町時代にこの僧官が置かれ、相国(しょうこく)寺の春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が僧録に任ぜられ、京都禅宗寺院の五山十刹(じっせつ)の人事をつかさどり、あわせて幕府の政治外交等の文書をも作成した。この事務所を僧録司という。[平川 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

僧官の関連キーワード禁中并公家中諸法度キリスト教ユリウス暦中国仏教新羅文化尺素往来本末制度僧祇戸僧録司永宣旨聖職者大僧正沙弥維那別当検校真興朝廷隠者佐官

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android