少別当・小別当(読み)しょうべっとう

精選版 日本国語大辞典「少別当・小別当」の解説

しょう‐べっとう セウベッタウ【少別当・小別当】

〘名〙 神社・寺院の位階の一つ。大別当の次席にあり、寺社の諸職を轄した。
※吾妻鏡‐元暦二年(1185)六月五日「早為少別当任賢沙汰、知行保務祈祷

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android