コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少子化社会対策基本法 ショウシカシャカイタイサクキホンホウ

デジタル大辞泉の解説

しょうしかしゃかいたいさく‐きほんほう〔セウシクワシヤクワイタイサクキホンハフ〕【少子化社会対策基本法】

少子化に対処するための施策を総合的に推進するために制定された法律。平成15年(2003)成立。雇用環境の整備、保育サービス等の充実、地域社会における子育て支援体制の整備などの基本的施策、および内閣府に少子化社会対策会議を設置することを定めている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

少子化社会対策基本法【しょうしかしゃかいたいさくきほんほう】

少子化社会に対処する施策の総合的推進を目的として,基本理念を明記した法律。2003年,議員立法により成立。〈家庭をもち子どもを生み育てることができる社会の実現〉に努めることを国民責務として規定している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

少子化社会対策基本法の関連キーワード子ども・子育て応援プラン高齢社会対策基本法少子化社会対策白書少子化白書児童福祉法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android