コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚寅 しょう いん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尚寅 しょう-いん

1866-1905 明治時代の政治運動家。
尚泰王19年10月16日生まれ。琉球の尚泰王の次男。宜野湾間切(ぎのわんまぎり)を領地としてあたえられ,宜野湾王子朝広と称する。明治12年琉球処分(沖縄県の設置)により国王とともに上京。旧王家を世襲県令とする特別制度をもとめる政治結社公同会を太田朝敷(ちょうふ),高嶺朝教らとともに組織した。明治38年2月17日死去。40歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尚寅の関連キーワード尚泰王

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android