コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田朝敷 おおた ちょうふ

2件 の用語解説(太田朝敷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田朝敷 おおた-ちょうふ

1865-1938 明治-昭和時代前期の新聞経営者,政治家。
尚泰王18年4月8日生まれ。慶応義塾にまなぶ。明治26年沖縄最初の新聞「琉球新報」の創刊にくわわり,大正2年主筆。昭和5年社長。県会議員,首里市長をつとめ,また沖縄県海外協会副会長として移民事業を推しすすめた。昭和13年11月25日死去。74歳。著作に「沖縄県政五十年」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田朝敷
おおたちょうふ
(1865―1938)

近代沖縄の代表的な新聞人。首里(しゅり)の士族の家に生まれた。1881年(明治14)県費留学生として学習院、東京高等師範学校に学び、帰郷後、沖縄最初の新聞『琉球(りゅうきゅう)新報』の創刊(1893)に加わり、やがてその主筆となった。守旧派による権益回復の運動である公同会(こうどうかい)運動にも参画し、また、県会議員、首里市長を歴任するなど政治分野での活動にも注目すべきものがあった。思想的には保守主義者で、日本社会のなかで大きく立ち後れている沖縄を早急にレベルアップして、本土との一体化を実現すべきだと主張、「くしゃみの仕方まで日本式にすべし」という有名な発言を残している。回想録『沖縄県政五十年』(1932)は沖縄近代政治史の重要な資料である。[高良倉吉]
『太田朝敷著『沖縄県政五十年』(1932・国民教育社/再版・1957・おきなわ社) ▽琉球新報社監修、比屋根照夫・伊佐眞一編『太田朝敷選集』全3冊(1993~96・第一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

太田朝敷の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説アメリカ美術近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊伊藤惣兵衛ウィンチェスター

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太田朝敷の関連情報