尺楮(読み)セキチョ

大辞林 第三版の解説

せきちょ【尺楮】

〔「楮」はコウゾで、和紙の原料〕
短い手紙。また、自分の手紙をへりくだっていう語。尺書せきしよ。寸楮。寸書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐ちょ【尺楮】

〘名〙 (「楮」は「こうぞ」で、紙の原料) 手紙。尺書。尺素尺牘(せきとく)
※羅山先生文集(1662)四・示栗山氏「欲謝辞短而意長奈尺楮有一レ限哉」 〔王邁‐謝辟不就啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の尺楮の言及

【尺牘】より

…牘は幅の広い木簡。中国で,古く書翰は,1尺の長さの木牘,きぬ(帛),紙などに書かれたので,尺牘,尺素,尺楮(せきちよ)などの名があるという。書翰が文学ジャンルの一つとして位置を占めたことは,たとえば《文選》に〈書〉という部類が立てられ,そこに司馬遷〈任少卿(じんしようけい)に報ずる書〉や嵆康〈絶交書〉などの作品が収められていることからも知られよう。…

※「尺楮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android