尻を掛ける(読み)しりをかける

精選版 日本国語大辞典の解説

しり【尻】 を 掛(か)ける

① 腰かける。腰をおろす。
※源氏(1001‐14頃)帚木「この男、いたくすずろぎて、門近き廊の簀の子だつ物に、しりかけて、とばかり月を見る」
② 後始末を他人にさせる。迷惑をかける。
※浮世草子・御伽名代紙衣(1738)一「傾城狂の尻(シリ)を町中へかけるといふは、世界の白痴者(たわけもの)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android