コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼崎又右衛門 あまがさきまたえもん

世界大百科事典 第2版の解説

あまがさきまたえもん【尼崎又右衛門】

江戸時代の大坂城出入御用町人。初代吉次は摂津小清水の城主篠原右京亮の子といい,尼崎に生まれたため,大坂に出て尼崎屋又次郎と称した。1634年(寛永11)2代清孝のとき苗字を許されて尼崎又右衛門と称し,以後代々尼崎又右衛門を襲名した。4代茂孝のとき帯刀も許され,延宝年間(1673‐81)に新剣先船100隻を建造して,大和川舟運に乗り出し,次いで元禄年間(1688‐1704)には尼崎新田を開発,さらに文化年間(1804‐18)には寒天一手取締りの特権を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

尼崎又右衛門の関連キーワード山村与助大坂商人江戸時代

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android