コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尼崎又右衛門 あまがさきまたえもん

1件 の用語解説(尼崎又右衛門の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あまがさきまたえもん【尼崎又右衛門】

江戸時代の大坂城出入御用町人。初代吉次は摂津小清水の城主篠原右京亮の子といい,尼崎に生まれたため,大坂に出て尼崎屋又次郎と称した。1634年(寛永11)2代清孝のとき苗字を許されて尼崎又右衛門と称し,以後代々尼崎又右衛門を襲名した。4代茂孝のとき帯刀も許され,延宝年間(1673‐81)に新剣先船100隻を建造して,大和川の舟運に乗り出し,次いで元禄年間(1688‐1704)には尼崎新田を開発,さらに文化年間(1804‐18)には寒天一手取締りの特権を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尼崎又右衛門の関連キーワード大坂城代大坂定番自地町人入御瀬川吉次(3代)永瀬七郎右衛門(初代)吉田冠蔵(初代)吉田才治(初代)吉田文吾(4代)吉田文三郎(2代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone