縁故(読み)エンコ

デジタル大辞泉の解説

えん‐こ【縁故】

血縁・姻戚(いんせき)などによるつながり。また、その人。「犠牲者の縁故を探す」
人と人との特別なかかわりあい。よしみ。つて。「縁故採用」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐こ【縁故】

〘名〙
① 血縁や姻戚などの関係によるつながり。また、その人。縁。
※政談(1727頃)一「旅人は其人の本在所より縁故を以て添状を持来らば、名主へ断り置べし」
② 広く事柄や人などの相互の間のつながり。また、そのもの。ちなみ。よしみ。縁。
※夢の女(1903)〈永井荷風〉二〇「昔の縁拠(エンコ)と云ふ事もあらうぢゃないか」
③ ある事柄のよりどころや原因。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「人有、傍に在て其縁故を説く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報