コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島藤右衛門 てらじま とうえもん

3件 の用語解説(寺島藤右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島藤右衛門 てらじま-とうえもん

?-1694* 江戸時代前期の商人。
瓦師寺島家4代。寛永7年大坂南瓦屋町に瓦土取場として広大な土地をあたえられ,禁裏,二条城,大坂城,神社,寺院などの瓦御用をつとめた。寒天(かんてん)の尼崎屋又右衛門,大工の山村与助とともに大坂三町人と称された。元禄(げんろく)6年12月26日死去。名は紹真。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

寺島藤右衛門

生年:生没年不詳
江戸時代大坂の門閥的特権町人。徳川家に縁故の深かった寺島藤右衛門,尼崎屋又右衛門,山村与助の3人を世に「三町人」と呼ぶ。寺島家は紀伊国(和歌山県)粉河寺島の出身で,寺島姓はこれに由来している。初代三郎左衛門は瓦職を家業とし,豊臣家から瓦の御用を受け,徳川家からも瓦御用を仰せつけられた。2代惣左衛門は元和1(1615)年大坂南瓦屋町に屋敷地を拝領した。3代五郎兵衛ののち,4代藤右衛門のとき,寛永7(1630)年にその屋敷地の東北続きの土地に瓦土取場が与えられた。これを瓦屋藤右衛門請地という。その後明治維新に至るまで,寺島家は瓦専売権の特権を引き続いて所有し,禁裏,大坂城,二条城そのほか多数の神社・仏閣などの瓦御用を勤めた。

(作道洋太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

てらしまとうえもん【寺島藤右衛門】

?‐1693(元禄6)
御用瓦師寺島家4代。初代三郎左衛門のとき寺島氏を称し,紀州根来(ねごろ)から摂津天王寺に移転,豊臣氏の御用瓦師となる。2代惣左衛門は大坂の陣のとき城内の景況を徳川氏に内通し,戦後4600坪の地を拝領。三男五郎兵衛が家職を継いだが早世し,四男の藤右衛門が継職。1630年(寛永7)瓦土取場として南瓦屋町東北131石余の空地を拝借して瓦屋藤右衛門請地とし,34年地子免除となった。以来,禁裏,院,大坂城,二条城,水口城のほか,幕府米蔵,神社,寺院など上方筋の瓦御用いっさいを,京都の寺島惣左衛門(長兄)と配分担任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寺島藤右衛門の関連キーワード江戸時代江戸幕府古満自地町人十五代(徳川十五代)尼崎屋又右衛門(初代)岩井宗雪大野治氏三桝宇八(初代)淀屋常安

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone