コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島藤右衛門 てらじま とうえもん

3件 の用語解説(寺島藤右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島藤右衛門 てらじま-とうえもん

?-1694* 江戸時代前期の商人。
瓦師寺島家4代。寛永7年大坂南瓦屋町に瓦土取場として広大な土地をあたえられ,禁裏,二条城,大坂城,神社,寺院などの瓦御用をつとめた。寒天(かんてん)の尼崎屋又右衛門,大工の山村与助とともに大坂三町人と称された。元禄(げんろく)6年12月26日死去。名は紹真。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺島藤右衛門

生年:生没年不詳
江戸時代大坂の門閥的特権町人。徳川家に縁故の深かった寺島藤右衛門,尼崎屋又右衛門,山村与助の3人を世に「三町人」と呼ぶ。寺島家は紀伊国(和歌山県)粉河寺島の出身で,寺島姓はこれに由来している。初代三郎左衛門は瓦職を家業とし,豊臣家から瓦の御用を受け,徳川家からも瓦御用を仰せつけられた。2代惣左衛門は元和1(1615)年大坂南瓦屋町に屋敷地を拝領した。3代五郎兵衛ののち,4代藤右衛門のとき,寛永7(1630)年にその屋敷地の東北続きの土地に瓦土取場が与えられた。これを瓦屋藤右衛門請地という。その後明治維新に至るまで,寺島家は瓦専売権の特権を引き続いて所有し,禁裏,大坂城,二条城そのほか多数の神社・仏閣などの瓦御用を勤めた。

(作道洋太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てらしまとうえもん【寺島藤右衛門】

?‐1693(元禄6)
御用瓦師寺島家4代。初代三郎左衛門のとき寺島氏を称し,紀州根来(ねごろ)から摂津天王寺に移転,豊臣氏の御用瓦師となる。2代惣左衛門は大坂の陣のとき城内の景況を徳川氏に内通し,戦後4600坪の地を拝領。三男五郎兵衛が家職を継いだが早世し,四男の藤右衛門が継職。1630年(寛永7)瓦土取場として南瓦屋町東北131石余の空地を拝借して瓦屋藤右衛門請地とし,34年地子免除となった。以来,禁裏,院,大坂城,二条城,水口城のほか,幕府米蔵,神社,寺院など上方筋の瓦御用いっさいを,京都の寺島惣左衛門(長兄)と配分担任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

寺島藤右衛門の関連キーワードメアリー三井高利メアリ俳句(文学)江戸落語上方落語葵祭イングランド銀行とインフレ目標伊藤宗看伊藤蘭嵎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone