コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯刀 タイトウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐とう〔‐タウ〕【帯刀】

[名](スル)刀を腰に差すこと。また、腰に差した刀。佩刀(はいとう)。

たち‐はき【帯刀/授刀】

太刀を帯びること。また、その人。
帯刀の舎人(とねり)」の略。
帯刀の役」の略。
ナタマメの別名。

たて‐はき【帯刀】

たちはき

たて‐わき〔‐はき〕【帯刀】

たちはき

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいとう【帯刀】

( 名 ) スル
刀を腰につけること。腰につけた刀。佩刀はいとう。 「名字-を許される」

たちはき【帯刀】

〔「たてはき」とも〕
太刀を帯びること。また、その人。
古代、春宮坊とうぐうぼうに属し、帯刀して皇太子を護衛した武官。舎人とねりの中から武芸に優れた者を選んだ。たてわき。たちはきのとねり。

たちわき【帯刀】

たてはき【帯刀】

たてわき【帯刀】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

帯刀 (タチワキ・タテワキ)

植物。マメ科のつる性一年草,園芸植物,薬用植物。ナタマメの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の帯刀の言及

【扶持】より

…(5)武士以外のものにも,褒賞的に扶持が与えられた。例えば特別の技能を買われた能楽師や力士,行政の末端に参与して功労のあった町年寄,殿様に多額の献金をした豪商,善行で表彰された百姓などに,生涯あるいは臨時的に扶持を支給し,あわせて帯刀を許す場合があった。【大口 勇次郎】。…

※「帯刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帯刀の関連キーワード鹿児島県鹿児島市原良帯刀の舎人帯刀禁止令散髪脱刀令授刀舎人寮片桐宗幽打裂羽織土岐頼香松井幸隆池田長賢三宅環翠苗字帯刀帯刀舎人牢屋奉行日置忠尚野村九郎帯刀の陣帯刀先生帯刀御免上田仲敏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯刀の関連情報