尽未来際(読み)ジンミライサイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。未来の辺際をつくすという意で、未来永遠。永遠の未来。未来永劫。また、副詞的に用いて、「永久に」の意を表わす。尽未来。
※正法眼蔵(1231‐53)無情説法「父母未生已前、威音以前、乃至尽未来際、無尽未来際にいたるまでの、挙力・挙心・挙体・挙道をもて、聞法するなり」
※浄瑠璃・平家女護島(1719)四「尽未来際生々世々、離れじ退かじとはったと睨む眼の光」 〔最勝王経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android