コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎忠景 おざき ただかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎忠景 おざき-ただかげ

1818-1882 江戸時代後期の武士。
文政元年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。幕末,藩内が勤王,佐幕にわかれていた際,京都と名古屋の間を奔走し,田宮如雲らと藩論を勤王にまとめる。のち留書頭となり明倫堂主事をかねた。明治15年8月死去。65歳。通称は銀三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尾崎忠景の関連キーワードフォンタネージサウド家フォンタネージボアソナード早稲田大学梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android