コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形守義 おがた もりよし

2件 の用語解説(尾形守義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形守義 おがた-もりよし

1643-1682 江戸時代前期の画家。
寛永20年生まれ。父は筑前(ちくぜん)福岡藩の御用絵師尾形仲由。藩命により狩野探幽(たんゆう)の門人となり,師の名守信(もりのぶ)の一字をとり守義を名のった。探幽門下の四天王のひとり。寛文9年父の跡をつぎ尾形家2代となった。天和(てんな)2年2月19日死去。40歳。通称は牛之助,仁兵衛。号は幽元,柳園。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尾形守義

没年:天和2.2.19(1682.3.27)
生年:寛永20(1643)
江戸前期の画家。福岡藩御用絵師尾形仲由の長男。名は牛之助のち仁兵衛,号を柳園といった。藩主の命により狩野探幽の門人となり,寛文6(1666)年ごろ,師探幽守信の一字を拝領し守義と名乗る。探幽門下では久隅守景,桃田柳栄,神足守周と並んで四天王のひとりとされた。寛文9年父の死去により家督を相続し,尾形家2代を継ぐ。江戸狩野様式の地方普及に貢献し,多くの画稿類を遺した。<参考文献>福岡県立美術館編『尾形家絵画資料目録』

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尾形守義の関連キーワード狩野興也狩野長信岩井泉流狩野一幸狩野永雲狩野永寿狩野永碩狩野興伯住吉広保三谷永玄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone