コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形守義 おがた もりよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形守義 おがた-もりよし

1643-1682 江戸時代前期の画家。
寛永20年生まれ。父は筑前(ちくぜん)福岡藩の御用絵師尾形仲由。藩命により狩野探幽(たんゆう)の門人となり,師の名守信(もりのぶ)の一字をとり守義を名のった。探幽門下の四天王のひとり。寛文9年父の跡をつぎ尾形家2代となった。天和(てんな)2年2月19日死去。40歳。通称は牛之助,仁兵衛。号は幽元,柳園

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾形守義

没年:天和2.2.19(1682.3.27)
生年:寛永20(1643)
江戸前期の画家。福岡藩御用絵師尾形仲由の長男。名は牛之助のち仁兵衛,号を柳園といった。藩主の命により狩野探幽の門人となり,寛文6(1666)年ごろ,師探幽守信の一字を拝領し守義と名乗る。探幽門下では久隅守景,桃田柳栄,神足守周と並んで四天王のひとりとされた。寛文9年父の死去により家督を相続し,尾形家2代を継ぐ。江戸狩野様式の地方普及に貢献し,多くの画稿類を遺した。<参考文献>福岡県立美術館編『尾形家絵画資料目録』

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尾形守義の関連キーワードルイルイフランス史(年表)トリチェリクライアー皇太極トリチェリセーリスセーリス皇太極

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android