コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野探幽 かのう たんゆう

美術人名辞典の解説

狩野探幽

江戸前期の画家鍛冶橋狩野派の孝信の長男、尚信・安信の兄。幼名は釆女、通称は守信、別号に白蓮子・生明等。狩野派に新風をもたらし、同派中興の祖と仰がれた。のち法眼に叙せられ、探幽斎と名のる。延宝2年(1674)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かのう‐たんゆう〔‐タンイウ〕【狩野探幽】

[1602~1674]江戸初期の画家。鍛冶橋狩野派の祖。京都の人。名は守信。幼名、采女(うねめ)。孝信の長男。永徳の孫。江戸に出て幕府御用絵師となり、桃山時代の豪壮豪麗な様式に対して、瀟洒(しょうしゃ)、淡白な画風特色とし、江戸狩野派繁栄の基礎を築いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

狩野探幽【かのうたんゆう】

江戸初期の狩野派の画家。名は守信。狩野孝信の長男で,狩野永徳の孫。1612年江戸に下る途中,駿府で徳川家康に謁し,1617年,16歳の若さで幕府の御用絵師となる。
→関連項目狩野尚信久隅守景縮図(美術)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野探幽 かのう-たんゆう

1602-1674 江戸時代前期の画家。
慶長7年1月14日生まれ。狩野孝信の長男。元和(げんな)3年幕府御用絵師となり,7年(1621)鍛冶橋(かじばし)狩野家をおこす。二条城,名古屋城などの障壁画に参加し,また御所,日光東照宮の障壁画制作に指導的役割をはたした。江戸狩野派の絵画様式はもとより,その組織や社会的地位の確立におおきな影響をあたえた。法印。延宝2年10月7日死去。73歳。名は守信。別号に白蓮子。作品はほかに大徳寺本坊方丈障壁画,「鵜飼(うかい)図屏風」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野探幽

没年:延宝2.10.7(1674.11.4)
生年:慶長7.1.14(1602.3.7)
江戸前期の画家。狩野孝信の長男として山城国(京都府)に生まれる。名を采女,のち守信という。探幽斎,生明,白蓮子と号した。慶長10(1605)年,4歳のとき自ら筆をとって描くところ習熟者のようであったという。16年春「山野胡馬図」を描き江月宗玩に賛を求めた。翌年駿府(静岡県)に赴き徳川家康に謁し,その後江戸へ出て徳川秀忠に謁した。19年将軍秀忠の御前にて揮毫し,祖父永徳の再来と称賛された。元和3(1617)年江戸へ召され幕府御用絵師となる。 同5年,女御御対面所三之間障壁に描く。7年,鍛冶橋門外に1033坪の屋敷を拝領する。9年,弟安信に狩野宗家を譲る。寛永3(1626)年二条城障壁画(現存)制作を指揮し完成する。4年大坂城障壁画制作を終える。9年徳川秀忠霊廟の画事をなす。10年8月名古屋城本丸障壁画(現存)制作を命ぜられる。現在伝わる作品は江戸狩野様式の確立を伝えるものとして重要。12年,江月宗玩より探幽斎の号を授かり,弟子益信を養子に迎え采女の名を与える。15年12月29日法眼に叙される。17年「東照宮縁起絵巻」(日光東照宮蔵)を奉納する。18年大徳寺本坊方丈障壁画(現存)を制作。これは探幽の水墨障壁画のあらゆるパターンがみられる貴重な遺品である。正保4(1647)年,江戸城障壁画を制作。慶安3(1650)年,加賀支藩大聖寺藩主前田利治の江戸屋敷に,俵屋宗雪と共に「金碧草花図」を描く。明暦2(1656)年の大火で探幽の家も焼失する。寛文2(1662)年5月29日,画家として最高位の法印に叙される。4年後水尾法皇寿像の制作に携わり,法皇より「筆峯大居士」の印を拝領する。この年,月俸をかえて河内国に采地200石を賜る。10年中風を病み,翌年本復したが,数年後に江戸で没した。墓は池上本門寺にある。江戸狩野派様式を創始した功績は大きく,近年探幽の遺した膨大な縮図が古画研究の視点から再評価されている。またやまと絵学習による探幽の新様式も従来の探幽の水墨様式に加え再評価されつつある。<参考文献>武田恒夫『日本美術絵画全集』15巻,河野元昭『日本の美術』194巻(至文堂)

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

狩野探幽

1602〜1672(慶長7年〜寛文12年)【画家】壮麗な狩野絵画を優美に洗練。 江戸狩野派の様式を確立した。狩野派の画家。京都出身。江戸に下り1617年幕府の御用絵師となる。水墨画大和絵などの手法を取り入れながら、桃山時代からの狩野派の大画様式を、優美で瀟洒な様式へと変えた。二条城・名古屋城・大徳寺などの障壁画を手がけ、その形式は江戸狩野様式として、江戸時代を通して継承された。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かのうたんゆう【狩野探幽】

1602‐74(慶長7‐延宝2)
江戸初期の画家で江戸狩野の確立者。狩野孝信の長男で,永徳の孫にあたる。幼名采女(うねめ),名は守信。1635年(寛永12)に剃髪して探幽と号した。時の政権の動きに機敏に対応して勢力を伸ばしてきた狩野派は,徳川幕府の成立とともに江戸への進出を図り,幕府の要請に従ってその居城修築に必要な絵師を江戸へ送り込んだ。探幽もその一人として父と共に京都から江戸へ下り,1617年(元和3)幕府御用絵師となって父の跡目を弟尚信に譲り,21年には鍛冶橋門外に屋敷を拝領,23年京都の狩野宗家を弟安信に継がせ,自らは別家して鍛冶橋狩野家をおこす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かのうたんゆう【狩野探幽】

1602~1674) 江戸前期の画家。京都の人。本名、守信。徳川幕府の御用絵師として江戸鍛冶橋に屋敷を拝領し、鍛冶橋狩野家の祖となる。淡白・瀟洒しようしやな画風で、水墨画・彩色画など幅広く活躍。晩年法印に叙せられる。代表作は名古屋城上洛殿襖絵や「東照宮縁起絵巻」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野探幽
かのうたんゆう

[生]慶長7(1602).1.14. 京都
[没]延宝2(1674).10.7. 江戸
江戸時代初期の画家。狩野孝信の長男で永徳の孫。初名采女 (うねめ) ,名は守信。早くから画才を発揮。慶長 17 (1612) 年,駿府で徳川家康に拝謁,元和3 (17) 年徳川秀忠に召されて江戸幕府御用絵師となり,同7年鍛冶橋門外に屋敷を拝領して鍛冶橋狩野を興した。二条城,大坂城,名古屋城,江戸城などの城郭建築や,寛永,承応,寛文度造営の内裏の障壁画制作に活躍したほか,日光東照宮,増上寺,寛永寺,江戸城紅葉山などの徳川家霊廟の装飾をも担当。また南禅寺,大徳寺,聖衆来迎寺などの寺院にも墨技が残る。寛永 15 (38) 年剃髪して探幽斎と号し,法眼に叙され,寛文2 (62) 年には宮内卿法印に昇叙。寛永前半頃までの画風は,二条城二の丸御殿の『松鷹図』のように,永徳様式を継承しているが,そこにはすでに桃山障壁画にみられた力動感はなく,装飾化と整合化が進んでいる。しかしその後は余白の多い瀟洒な水墨画に新生面を開き,名古屋城上洛殿の『帝鑑図』『四季花鳥図』襖絵 (1633) や大徳寺本坊方丈の『山水図』襖絵 (48) などのすぐれた作品を残した。この新様式はのちの狩野派以外の画派にも大きな影響を与えた。古今の絵画を写した『探幽縮図』は,彼の日頃の努力と卓抜な描画力をうかがわせる。主要作品は上記のほか南禅寺本坊小方丈『竹林群虎図』襖絵,『東照宮縁起絵巻』 (日光東照宮) ,『鵜飼図屏風』 (大倉集古館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩野探幽
かのうたんゆう
(1602―1674)

桃山後期から江戸初期の画家。狩野孝信(たかのぶ)の長子として京都に生まれる。次弟に尚信(なおのぶ)、末弟に安信があった。名を守信、初め采女(うねめ)と称した。幼くして画才を発揮し、13歳のとき、徳川秀忠(ひでただ)に謁見、『海棠(かいどう)に猫』の席画を描き、永徳の再来と賞賛される。1617年(元和3)幕府の御用絵師となり、その4年後には、江戸城鍛冶橋(かじばし)門外に屋敷と所領200石を拝領、鍛冶橋狩野家を開いた。宗家の貞信(さだのぶ)の没後は名実ともに狩野家の中心的存在となり、26年(寛永3)の二条城行幸殿の障壁画(しょうへきが)制作では一門を率いて活躍した。その後、名古屋城、江戸城、京都御所、日光東照宮などの障壁画を制作、幕府の重要な絵事に健筆を振るった。35年入道して探幽と号し、3年後には法眼(ほうげん)に、ついで62年(寛文2)には宮内卿(くないきょう)法印にまで叙せられる。その画歴は、(1)采女時代、(2)剃髪(ていはつ)後の探幽斎時代、(3)法印叙任前後より晩年に至る、画面に揮毫(きごう)時の年齢を書き入れた「行年書き」時代、に分かれる。探幽の余白を生かした瀟洒(しょうしゃ)で端正な新様式は、江戸狩野様式と称せられ、以後の狩野派の規範として受け継がれていった。また彼は、幕府の権力機構に相応して一門の組織整備にも腐心し、奥絵師を頂点に、表絵師、諸大名のお抱え絵師、町狩野と広範な裾野(すその)を有したヒエラルキー(階層組織)をつくりあげ、幕府内での狩野派の地位を不動のものとした。延宝(えんぽう)2年10月7日没。法名玄徳院日道、池上本門寺に葬る。代表作に名古屋城上洛(じょうらく)殿、二条城二の丸御殿障壁画、『鵜飼図屏風(うかいびょうぶ)』(東京・大倉集古館)、『東照宮縁起絵巻』(日光東照宮)などがある。[榊原 悟]
『武田恒夫著『日本美術絵画全集15 狩野探幽』(1980・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

狩野探幽 (かのうたんゆう)

生年月日:1602年1月14日
江戸時代前期の画家
1674年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の狩野探幽の言及

【江戸時代美術】より


[桃山様式の終結と転換]
 確立したばかりの徳川幕藩体制は,その豊かな財力にものをいわせ,権威の荘厳のため,これまでに増して大規模な城郭や霊廟を営んだ。二条城二の丸御殿(1624‐26)はその代表的な遺構の一つであり,内部を彩る狩野探幽一門の障壁画の巨大な松の枝ぶりが長押(なげし)の上にまで延びて金地に映える壮観は,安土城以来の武将の理想の実現といってよい。だが,そうした障壁画や欄間の透し彫には,桃山美術の持つ潑剌とした感覚が薄れ,代わって格式張った荘重な雰囲気が強調されている。…

【狩野派】より

…室町中期から明治初期まで続いた,日本画の最も代表的な流派。15世紀中ごろに室町幕府の御用絵師的な地位についた狩野正信を始祖とする。正信は俗人の専門画家でやまと絵と漢画の両方を手がけ,とくに漢画において時流に即してその内容を平明なものにした。流派としての基礎を築いたのは正信の子の元信である。漢画の表現力にやまと絵の彩色を加えた明快で装飾的な画面は,当時の好みを反映させたものであり,また工房を組織しての共同制作は数多い障壁画制作にかなうものであった。…

※「狩野探幽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩野探幽の関連キーワード有栖川宮幸仁親王狩野探信(1)縮図(美術)清原雪信女舟木探泉斎梶川文竜斎野々口立圃目賀多雲川三十六詩仙狩野洞雲木村探元神足高雲桃田柳栄宮崎重政徳川光貞徳川家綱狩野安信狩野常信清原雪信生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩野探幽の関連情報