コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形洞簫 おがた どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形洞簫 おがた-どうしょう

1725-1805 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)10年生まれ。肥前佐賀藩の家老多久(たく)氏につかえ,領内多久町にある郷校東原庠舎(とうげんしょうしゃ)でおしえた。「大神物語」「魯論類語」などをあらわした。文化2年9月10日死去。81歳。肥前多久(佐賀県)出身。名は維民。字(あざな)は仲顕。通称は彦右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾形洞簫の関連キーワード享保儒者

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android