コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾状花序群 びじょうかじょぐんAmentiferae

1件 の用語解説(尾状花序群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びじょうかじょぐん【尾状花序群 Amentiferae】

ブナ科,クルミ科など一群の双子葉植物は,獣の尾のような長い花序をもち,尾状花序群呼ばれる。これらの植物群はいずれも木本で,主として風媒花であり,花は比較的単純な単性花で,花弁がないなどの共通した性質をもつので,無花弁類とも呼ばれる。被子植物の起源について,この無花弁類のような花弁のない単純な構造の花から花弁をもつ花が進化したとする立場をとれば,尾状花序群は最も原始的な植物群の一つであると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone