コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地紛争 きょくちふんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局地紛争
きょくちふんそう

地域的に制限された紛争をいう。局地戦争との区別はつけにくいが,正規軍の戦闘にまでいたらない場合をいうことが多い。「抑制された戦争」と呼ばれ,陸・海・空軍兵力の集結や展開,あるいは陸上交通路封鎖などがそれである。そこで局地紛争は,内戦,内乱,反乱,革命,反革命,動乱出兵,侵入,進攻,解放,封鎖,制限戦争,限定戦争など各種の用語で示される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

局地紛争の関連キーワード非致死性兵器地域紛争鉱物資源

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android