局地戦争(読み)キョクチセンソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局地戦争
きょくちせんそう
local war

世界戦争に対応する概念。今日までのほとんどの戦争は局地戦争である。限定戦争(limited war)は軍事力行使について地域、戦闘手段、攻撃範囲などを制限した戦争で、核時代の戦争の特徴であるが、局地戦争はその一つといえる。第二次世界大戦後の局地戦争には、大国による武力干渉、中小国間の武力紛争、国内戦、民族解放戦争など、さまざまなものがある。このうち国際紛争は、国際連合の平和維持機能を強めることによって解決されるべきであり、国内の紛争については内政不干渉の原則を守ることが求められている。[藤井治夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

局地戦争の関連情報