コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地戦争 キョクチセンソウ

4件 の用語解説(局地戦争の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょくち‐せんそう〔‐センサウ〕【局地戦争】

地域的に限定された戦争。局地戦。
限定戦争」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

局地戦争【きょくちせんそう】

地域を限った戦争。全面戦争の対語。大国の介入,拡大の危険を常にはらみながらも,一応国際的圧力で地域的に限定されている第2次大戦後の諸戦争,すなわち朝鮮戦争ベトナム戦争中東戦争などをさす。
→関連項目限定戦争戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きょくちせんそう【局地戦争】

限られた範囲内での攻防戦。局地戦。
限定げんてい戦争 」に同じ。 → 全面戦争

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局地戦争
きょくちせんそう
local war

世界戦争に対応する概念。今日までのほとんどの戦争は局地戦争である。限定戦争(limited war)は軍事力行使について地域、戦闘手段、攻撃範囲などを制限した戦争で、核時代の戦争の特徴であるが、局地戦争はその一つといえる。第二次世界大戦後の局地戦争には、大国による武力干渉、中小国間の武力紛争、国内戦、民族解放戦争など、さまざまなものがある。このうち国際紛争は、国際連合の平和維持機能を強めることによって解決されるべきであり、国内の紛争については内政不干渉の原則を守ることが求められている。[藤井治夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

局地戦争の関連キーワード全面戦争盧溝橋事件阿片戦争アメリカメキシコ戦争イランイラク戦争十五年戦争南ア戦争ロシアトルコ戦争仮面戦争戦争の犠牲者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone