コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局地戦争 キョクチセンソウ

デジタル大辞泉の解説

きょくち‐せんそう〔‐センサウ〕【局地戦争】

地域的に限定された戦争。局地戦。
限定戦争」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

局地戦争【きょくちせんそう】

地域を限った戦争。全面戦争の対語。大国の介入,拡大の危険を常にはらみながらも,一応国際的圧力で地域的に限定されている第2次大戦後の諸戦争,すなわち朝鮮戦争ベトナム戦争中東戦争などをさす。
→関連項目限定戦争戦争

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょくちせんそう【局地戦争】

限られた範囲内での攻防戦。局地戦。
限定げんてい戦争 」に同じ。 → 全面戦争

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

局地戦争
きょくちせんそう
local war

世界戦争に対応する概念。今日までのほとんどの戦争は局地戦争である。限定戦争(limited war)は軍事力行使について地域、戦闘手段、攻撃範囲などを制限した戦争で、核時代の戦争の特徴であるが、局地戦争はその一つといえる。第二次世界大戦後の局地戦争には、大国による武力干渉、中小国間の武力紛争、国内戦、民族解放戦争など、さまざまなものがある。このうち国際紛争は、国際連合の平和維持機能を強めることによって解決されるべきであり、国内の紛争については内政不干渉の原則を守ることが求められている。[藤井治夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

局地戦争の関連キーワードナゴルノ・カラバフ戦争南ベトナム解放民族戦線ベトナム戦争史(年表)インドシナ戦争張鼓峰事件藤井治夫制限戦争平和攻勢局地紛争上海事変潜水艦

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android