コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居船頭 イセンドウ

デジタル大辞泉の解説

い‐せんどう〔ゐ‐〕【居船頭】

江戸時代、実際に乗船する沖船頭に対して、船に乗らない廻船所有者船主をいう。おりせんどう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いせんどう【居船頭】

江戸時代、船に乗らない回船の所有者。船主。実際に船に乗って運航の責任者となる沖船頭に対していう。おりせんどう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の居船頭の言及

【船頭】より

…室町時代,遣明船のような大船になると船頭は必ずしも1人ではなく,船頭と惣船頭,船頭と脇船頭のように船頭の分化が見られた。近世では船主に雇われた雇船頭(沖船頭)のほか,船頭が船主である居船頭(いせんどう)があり,前者が後者に成長するものが多かった。さらに北前船のごとく船頭は運送業務のみならず,より以上に商業業務によって利潤を獲得し,富裕化するものが少なくなかった。…

※「居船頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

居船頭の関連キーワード船持ち・船持直乗り船頭江戸時代責任者運航

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android