コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖船頭 オキセンドウ

大辞林 第三版の解説

おきせんどう【沖船頭】

江戸時代、船に乗って運航の責任者となる船長役。船主を居船頭と呼ぶのに対していう。乗り船頭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の沖船頭の言及

【船頭】より

…室町時代,遣明船のような大船になると船頭は必ずしも1人ではなく,船頭と惣船頭,船頭と脇船頭のように船頭の分化が見られた。近世では船主に雇われた雇船頭(沖船頭)のほか,船頭が船主である居船頭(いせんどう)があり,前者が後者に成長するものが多かった。さらに北前船のごとく船頭は運送業務のみならず,より以上に商業業務によって利潤を獲得し,富裕化するものが少なくなかった。…

※「沖船頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沖船頭の関連キーワード船問屋(ふなどいや)西村屋忠兵衛直乗り船頭船長日記江戸時代乗り船頭居船頭船頭運航船主

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖船頭の関連情報