コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屍産 しさん

大辞林 第三版の解説

しさん【屍産】

産婦の死後、死んだ胎児の娩出される現象。死後分娩。 → 死産しざん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屍産
しさん
postmortem delivery

妊娠中の女性の死亡後、死んだ胎児(死胎)が娩出(べんしゅつ)される現象で、死後分娩、死体分娩、棺内分娩ともいう。子宮腔(くう)および腹腔内の腐敗ガス圧や子宮筋肉の収縮(死後硬直による収縮)などによっておこる。なお、死産とも書くが、本来の「妊娠満12週(第4か月)以後における死児の出産」である「死産(しざん)」stillbirthについては別項目としている。[澤口彰子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屍産の関連キーワード産婦

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android