屍産(読み)しさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屍産
しさん
postmortem delivery

妊娠中の女性の死亡後、死んだ胎児(死胎)が娩出(べんしゅつ)される現象で、死後分娩、死体分娩、棺内分娩ともいう。子宮腔(くう)および腹腔内の腐敗ガス圧や子宮筋肉の収縮(死後硬直による収縮)などによっておこる。なお、死産とも書くが、本来の「妊娠満12週(第4か月)以後における死児の出産」である「死産(しざん)」stillbirthについては別項目としている。[澤口彰子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐さん【屍産】

〘名〙 (「しざん」とも) 死亡した妊婦から死亡した胎児が娩出されること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android