コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死後硬直(読み)シゴコウチョク

大辞林 第三版の解説

しごこうちょく【死後硬直】

死後、筋肉が化学変化により硬直すること。死後2~3時間で顎あごや首筋に始まり、半日ほどで全身に及び、やがて軟化する。死後経過時間推定に役立つ。死体強直きようちよく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の死後硬直の言及

【死体現象】より

… 筋肉は死亡直後に弛緩するが,その後硬化し,各関節を曲げたり伸ばしたりすることが困難となる。この現象を死体硬直とか死硬直あるいは死後硬直という。死体硬直は骨格筋だけでなく,平滑筋にも現れ,腸管や心臓にもみられる。…

※「死後硬直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死後硬直の関連情報