コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死産 しざんstillbirth

翻訳|stillbirth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死産
しざん
stillbirth

胎児が生命を失った状態で母体から娩出されること。日本では,妊娠4ヵ月以後の死産は医師,助産師による死産証明書発行の対象となり,また人口動態統計にも反映されている。妊婦の病気や異常分娩によって起こるが,原因不明のこともある。産婦の死亡後,数時間または数日後に死胎が娩出される屍体分娩のことを死産という場合もある。なお,死産の定義は国によって異なるので,世界保健機関 WHOは 1950年,周産期死亡の統計をとることを提唱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

死産

厚生労働省の規程では、妊娠12週以降の死亡した胎児の出産を「死産」と定義している。死産後7日以内に、市区町村に届けなければならない。医学的には、妊娠22週未満に妊娠が終了することを流産としている。

(2007-08-31 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐ざん【死産】

[名](スル)《「しさん」とも》胎児が死んだ状態で生まれること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

死産

 妊娠12週以後に死児を出産すること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しざん【死産 stillbirth】

妊娠時期にかかわりなく,胎児が母体から完全に排出または娩出される以前に死亡している分娩をいう。したがって,出生時瞬時でも呼吸,心拍動,臍帯(さいたい)拍動,随意筋の運動など生きている徴候がみられた場合には,たとえ生存不可能な程度の未熟児や奇形児であっても生産児であって,死産児ではない。死産には自然死産と人工死産がある。合法的な人工死産とは,医師によって行われるもので,胎児の母体内生存が確実なときに,母体保護法に基づくか,母体保護法の適応外でもっぱら母体の健康保持を目的として,胎児またはその付属物(病的付属物を含む)に加えられた措置ならびに陣痛促進剤の使用による死産であり,その他の人工死産はすべて非合法的なもので堕胎罪となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しざん【死産】

( 名 ) スル
〔「しさん」とも〕
胎児が死んだ状態で分娩されること。法律上は妊娠四か月(一三週)以後についていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死産
しざん
stillbirth

出産時、すでに胎児が死亡している場合の分娩(ぶんべん)をさす。したがって妊娠初期の流産も含まれることになるが、統計上の死産数は「死産の届出に関する規程」すなわち法律としての効力をもつ昭和21年厚生省令第42号によって届出を必要とする妊娠4か月(12週)以後の死産だけを含んでいる。
 死産には、自然分娩で胎児が死亡していた自然死産と、人工的に分娩させたときに胎児が死亡していた人工死産がある。死産統計には、母体保護法による妊娠4か月から6か月までの人工妊娠中絶が、人工死産に含まれている。死産のおもな原因としては、胎児の疾病異常、胎盤や臍帯(さいたい)の異常、難産、妊娠中毒症などがあげられる。なお、妊婦の死亡後に死んだ胎児が娩出される現象は屍産(しさん)とよばれる。
 死産の届出は、医師または助産師の死産証書または死胎検案書を添え、死産後7日以内に届出人の所在地または死産のあった場所の市町村長(政令指定都市では区長)に提出する。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の死産の言及

【嬰児殺し】より

…出生の前であったか後であったかにより,堕胎罪との限界が法律上および事実上問題となる。【西田 典之】
[法医学的調査]
 嬰児の解剖をはじめ,法医学的調査に求められるのは,発育程度,生死産の別,生産児なら生まれてからの生存期間等の判断である。(1)発育程度 発育の程度は出産の難易度,生活能力の有無などの判断資料となり,身長,体重のほか新生児では頭の大きさ,胸囲,肩幅,毛髪やつめの長さ,毳毛(ぜいもう)(生毛)の発生状態,胎垢の付着状態,外陰部の状態,大腿骨下端や踵骨の化骨核の大きさ,頭蓋骨の大きさ,臍帯の長さ,胎盤重量などによって推定される。…

【出産】より

…また出産は娩出された児を中心に結果として見る場合であり,分娩は母体を中心にしかもその経過を含めていう場合に用いられるということもできよう。出産は生産と死産とを総称したものである。なお出産中の妊婦を産婦という。…

【出生】より

…〈しゅっしょう〉ともいう。胎児が死んで母体から分離する死産と区別される。また出生が人類社会の構成主体となることを意味する以上,母が子を生む行為としての出産とも区別すべきであろう。…

※「死産」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

死産の関連キーワード奈良県立医大病院周産期センター染色体異常「18トリソミー」奈良・妊婦搬送中死産問題救急医療情報システム胎児頻脈性不整脈トキソプラズマ症カネミ油症事件18トリソミーカネミ油症救済あにいもうとシャーガス病人口動態調査厚生労働省周産期医学閉塞性分娩お美尾の方ダップル胎児治療出生間隔日野富子

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死産の関連情報