屏息(読み)ヘイソク

  • ×屏息

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
息を殺してじっとしていること。
「敵艦依然港内に―して」〈独歩・愛弟通信〉
おそれて身を縮めること。
一片の命令の下に操觚者(そうこしゃ)は―し」〈魯庵・「破垣」に就て〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「屏」はおさめる意) 息をころすこと。じっと静かにすること。また、おそれてちぢこまること。
※語孟字義(1705)下「猶大陽中天、鬼魅狐惑、自伏匿而屏息
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉四「軍中屏息(ヘイソク)して命を聴かざる者なし」 〔新五代史‐義児伝李存進〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android