コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新五代史 しんごだいしXin-wu-dai-shi; Hsin-wu-tai-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新五代史
しんごだいし
Xin-wu-dai-shi; Hsin-wu-tai-shih

中国,正史の一つで,宋の欧陽修撰。 74巻。後梁後唐後晋後漢後周歴史書。本来薛居正の撰した『旧五代史』が存したが,欧陽修は大義名分を明らかにするためこれを書き改め,『五代史記』と称し,これがのち正史として認められた。薛居正の『旧五代史』に対し,『新五代史』と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんごだいし【新五代史】

五代史

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんごだいし【新五代史】

中国、二十四史の一。五代の歴史を紀伝体で記した書。七四巻。北宋の欧陽脩おうようしゆうの撰。成立年代不明。君臣道徳・華夷思想に基づき撰述。「旧五代史」に対する通称。五代史記。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新五代史
しんごだいし

中国の正史の一つ。欧陽修(おうようしゅう)著。74巻。五代王朝の事績を紀伝体で叙述してある。初めは私撰(しせん)の書で『五代史記』とよばれたが、のち正史に加えられた。官撰の『旧五代史』が忠実な史実主義をとるのに対し、本書は君臣道徳や華夷(かい)思想を基本とする欧陽修の史観で貫かれている。古文体の簡潔な文章で原史料を書き改めているので、史料的価値は『旧五代史』に劣るが、叙述が一貫し、編集にも独創性が認められる。[柳田節子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新五代史の関連キーワード十八史略(じゅうはっしりゃく)十七史商榷五代史記註前蜀王建墓華夷思想契丹国志二十四史二十一史十八史略地理志欧陽脩紀伝体十七史撰述北宋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android