コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山ノ内[町] やまのうち

百科事典マイペディアの解説

山ノ内[町]【やまのうち】

長野県北東部,下高井郡の町。夜間瀬(よませ)川流域,志賀高原とその北方の山地を占める。中心は湯田中温泉(純食塩泉など,49〜97℃)で,上林(かんばやし),発哺(ほっぽ),熊ノ湯などを含めた山ノ内温泉郷や,志賀高原など上信越高原国立公園玄関口にあたり,長野電鉄が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまのうち【山ノ内[町]】

長野県北東部,下高井郡の町。人口1万6951(1995)。千曲川支流の夜間瀬(よませ)川流域を占め,町域の大部分は三国山脈に属する。夜間瀬川支流の横湯川,角間川沿いには湯田中,新湯田中(純食塩泉,74~97℃),星川(弱食塩泉,70℃),渋,安代(あんだい),上林(かんばやし),地獄谷,穂波(弱食塩泉,50~90℃),角間(かくま)(弱食塩泉,43~90℃),発哺(ほつぽ),熊ノ湯,木戸池(単純泉,43℃)などの温泉が山ノ内温泉郷を形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

山ノ内[町]の関連キーワード熊ノ湯[温泉]湯田中[温泉]上林[温泉]発哺[温泉]渋[温泉]

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android