コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発哺[温泉] ほっぽ

百科事典マイペディアの解説

発哺[温泉]【ほっぽ】

長野県山ノ内町,志賀高原北端の標高1600mの地にある温泉。単純泉硫黄泉。60〜95℃。長野盆地,北アルプスを望み,避暑地,スキー場として有名。長野電鉄湯田中駅からバス。
→関連項目岩菅山志賀高原山ノ内[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほっぽ【発哺[温泉]】

長野県下高井郡山ノ内町にある温泉。山ノ内温泉郷に含まれる。上信越高原国立公園に属する志賀高原の北部,横湯川に臨む標高1600mの山腹に位置する。泉質は単純泉,硫黄泉,泉温60~95℃。名称は熱蒸気の噴出音にちなみ,熱蒸気に水を注いで温泉にしている珍しい温泉で,1802年(享和2)の発見と伝える。古くからの宿〈天狗の湯〉〈薬師の湯〉があり,蓮池からロープウェーが通じ,東館山へゴンドラリフトの便がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

発哺[温泉]の関連キーワード長野県下高井郡山ノ内町

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android