コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発哺[温泉] ほっぽ

2件 の用語解説(発哺[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

発哺[温泉]【ほっぽ】

長野県山ノ内町志賀高原北端の標高1600mの地にある温泉。単純泉,硫黄泉。60〜95℃。長野盆地北アルプスを望み,避暑地,スキー場として有名。長野電鉄湯田中駅からバス。
→関連項目岩菅山志賀高原山ノ内[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほっぽ【発哺[温泉]】

長野県下高井郡山ノ内町にある温泉。山ノ内温泉郷に含まれる。上信越高原国立公園に属する志賀高原の北部,横湯川に臨む標高1600mの山腹に位置する。泉質は単純泉,硫黄泉,泉温60~95℃。名称は熱蒸気の噴出音にちなみ,熱蒸気に水を注いで温泉にしている珍しい温泉で,1802年(享和2)の発見と伝える。古くからの宿〈天狗の湯〉〈薬師の湯〉があり,蓮池からロープウェーが通じ,東館山へゴンドラリフトの便がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発哺[温泉]の関連キーワード地獄谷温泉下諏訪温泉発哺温泉山ノ内温泉郷湯田中温泉湯ノ山温泉五色温泉蓼科温泉縁喜北信州やまのうち

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone