コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山ノ内温泉郷 やまノうちおんせんきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山ノ内温泉郷
やまノうちおんせんきょう

長野県北東部,山ノ内町を流れる夜間瀬 (よませ) 川沿いに分布する温泉。志賀高原西麓に湯田中,新湯田中,星川,穂波の各温泉が1つの温泉街を形成。さかのぼると上流の横湯川沿いに渋,安代上林,地獄谷,同じく角間 (かくま) 川沿いに角間温泉がある。さらに上流の志賀高原上には丸池,発哺 (ほっぽ) ,木戸池,熊ノ湯の各温泉がある。泉質は単純泉,食塩泉,硫黄泉。泉温は 50~90℃。湯田中温泉は歓楽街的な性格,渋温泉は湯治場的な性格で,それぞれ有力な温泉場を形成。志賀高原上の温泉は自然景観に恵まれた保養温泉で,夏季は避暑客,冬季はスキー客でにぎわう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やまのうちおんせんきょう【山ノ内温泉郷】

長野県山内町にある温泉群。湯田中・渋しぶ・安代あんだい・上林かんばやし・丸池・発哺ほつぽなどの温泉がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山ノ内温泉郷
やまのうちおんせんきょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山ノ内温泉郷の言及

【安代[温泉]】より

…長野県北東部,下高井郡山ノ内町にある温泉。横湯川の河畔に位置する湯田中・渋(山ノ内)温泉郷の一つで,この東に渋温泉が続く。弱食塩泉,50~90℃。志賀草津道路によって志賀高原,万座,草津と結ばれ,観光基地,スキー基地としてにぎわう。【谷沢 明】…

【湯田中[温泉]】より

…純食塩泉,49~97℃。志賀高原から流れる夜間瀬(よませ)川北岸の台地上に並ぶ新湯田中温泉(純食塩泉,74~97℃),星川温泉(弱食塩泉,70℃)など14温泉からなる山ノ内温泉郷を代表する温泉で,天智天皇のころ僧知田の発見といわれる。古くから草津街道の往来者や善光寺参りの人々に親しまれてきた。…

※「山ノ内温泉郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山ノ内温泉郷の関連キーワード湯田中[温泉]上林[温泉]安代[温泉]山ノ内(町)発哺[温泉]山ノ内[町]渋[温泉]熊ノ湯温泉中野[市]地獄谷温泉上林温泉安代温泉発哺温泉渋峠

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android