コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊ノ湯[温泉] くまのゆ

2件 の用語解説(熊ノ湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

熊ノ湯[温泉]【くまのゆ】

長野県下高井郡山ノ内町志賀高原中の温泉。笠ヶ岳横手山の北麓,標高1600mの地にある。硫化水素泉。45〜70℃。嘉永年間(1848年―1854年)発見の湯治場であったが,スキー場ができて以来発展。
→関連項目山ノ内[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くまのゆ【熊ノ湯[温泉]】

長野県北東部,下高井郡山ノ内町にある温泉。志賀高原の最奥部,笠ヶ岳(2076m)と横手山(2305m)にはさまれた角間(かくま)川の上流にあり,河原の湯でクマが傷をいやしていたという伝説が名の由来になっている。昭和初期までは一軒宿の山の湯であったが,現在はスキー場が開かれて旅館街をかたちづくるまでに発展した。泉質は単純泉で,泉温は45~70℃。湯の表面に薄い鉱物質の膜が浮かぶ。長野電鉄湯田中駅からバスの便がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊ノ湯[温泉]の関連キーワード赤倉温泉浅間温泉地獄谷温泉野沢温泉発哺温泉山ノ内温泉郷湯田中温泉湯村温泉五色温泉北信州やまのうち

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone