コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊ノ湯[温泉] くまのゆ

百科事典マイペディアの解説

熊ノ湯[温泉]【くまのゆ】

長野県下高井郡山ノ内町,志賀高原中の温泉。笠ヶ岳と横手山の北麓,標高1600mの地にある。硫化水素泉。45〜70℃。嘉永年間(1848年―1854年)発見の湯治場であったが,スキー場ができて以来発展。
→関連項目山ノ内[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くまのゆ【熊ノ湯[温泉]】

長野県北東部,下高井郡山ノ内町にある温泉。志賀高原の最奥部,笠ヶ岳(2076m)と横手山(2305m)にはさまれた角間(かくま)川の上流にあり,河原の湯でクマが傷をいやしていたという伝説が名の由来になっている。昭和初期までは一軒宿の山の湯であったが,現在はスキー場が開かれて旅館街をかたちづくるまでに発展した。泉質は単純泉で,泉温は45~70℃。湯の表面に薄い鉱物質の膜が浮かぶ。長野電鉄湯田中駅からバスの便がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

熊ノ湯[温泉]の関連キーワード長野県下高井郡山ノ内町

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android