コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下肇 やました はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下肇 やました-はじめ

1920-2008 昭和後期-平成時代のドイツ文学者。
大正9年5月2日生まれ。昭和43年東大教授,56年関西大教授。34年日本戦没学生記念会(再建わだつみ会)事務局長につき「きけわだつみのこえ」を編集する。57年ブロッホ「希望の原理」の翻訳で,平成4年「ゲーテ全集」の共訳で日本翻訳文化賞。平成20年10月6日死去。88歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「大学の日々」「近代ドイツ・ユダヤ精神史研究」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山下肇の関連キーワードブロッホ(Ernst Bloch)フリートレンダーボブロウスキエッカーマンショーレム佐田 啓二三浦 寛子亡命文学ビアリク変身

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山下肇の関連情報