コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山之内貞奇 やまのうち さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山之内貞奇 やまのうち-さだよし

1798-1874 江戸後期-明治時代の武士。
寛政10年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。朱子学をまなぶ。お由羅騒動に連座し,嘉永(かえい)3年臥蛇島に配流。7年ゆるされて帰藩後,郡奉行見習となる。文久3年薩英戦争の軍議に参画,側役兼教授となり,藩校造士館を監督した。明治7年1月17日死去。77歳。通称は作次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山之内貞奇の関連キーワードおもなお雇い外国人ヘルウェティア共和国自由民権運動わが祖国ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議