コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山之口の文弥人形

デジタル大辞泉プラスの解説

山之口の文弥人形

宮崎県都城市山之口地区に伝わる民俗芸能。一人遣いの人形芝居で、元禄期に大阪で活躍した太夫岡本文弥による浄瑠璃文弥節」を地とする。「出世景清」「門出八嶋」の2演目のほか、合間に演じられる「間狂言(まきょうげん)」と呼ばれる寸劇も伝承されている。1995年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報