コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文弥節 ぶんやぶし

デジタル大辞泉の解説

ぶんや‐ぶし【文弥節】

古浄瑠璃の流派の一。延宝(1673~1681)のころ、大坂の岡本文弥が創始。哀調を帯びた旋律が特徴で、泣き節といわれて人気を博したが、宝永年間(1704~1711)には衰滅
民俗芸能として1が残存したもの。新潟県佐渡市、宮崎県都城市山之口町、石川県白山市尾口地区などで、人形芝居と結びついて行われている。
義太夫節豊後(ぶんご)節などで、1の手法を取り入れた曲節

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

文弥節【ぶんやぶし】

古浄瑠璃の流派名。初世岡本文弥(1633年―1694年)が語り始めたもので,〈文弥の泣き節〉ともいわれ,哀調を帯びた語り方がその特色であった。現在佐渡に残っている文弥節がその面影を伝えているといわれる。
→関連項目岡本文弥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんやぶし【文弥節】

浄瑠璃の曲節および流派名。初世岡本文弥(1633‐94)が語り出した古浄瑠璃の曲節で,延宝~元禄期(1673‐1704)に京坂で流行した。初世岡本文弥は大坂道頓堀の伊藤出羽掾座で語り出して人気を集め,2世(生没年不詳)がそのあとを受け継いだらしいが,盛期は長くなかった。文弥節は高音の旋律型を特色としたらしく,井上播磨掾も用いた〈なきぶし〉を発展させて哀愁味を強くあらわし,俗に〈文弥の泣き節〉といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんやぶし【文弥節】

難波浄瑠璃の一。延宝~元禄年間(1673~1704)に、岡本文弥が語り出したもの。泣き節といわれ、哀調を帯びた語り方で、京坂地方に流行したが間もなく衰えた。義太夫節・一中節・豊後ぶんご節の中に節付けが残っている。
佐渡島で行われた浄瑠璃の一種。民俗芸能として伝存する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文弥節
ぶんやぶし

岡本文弥が創始した浄瑠璃(じょうるり)の一派。岡本文弥(?―1694)は山本角太夫(かくたゆう)の門下と伝えられる。大坂道頓堀の伊藤出羽掾(でわのじょう)座で、おもに角太夫や井上播磨掾(はりまのじょう)の語物(かたりもの)を演奏、1670年代(延宝年間)以降その曲風が流行した。哀調のある曲節に特徴があったようで、「文弥の泣き節」とよばれた。義太夫節にも多数の旋律型が取り入れられたが、現行の曲節から文弥節の特色を抽出することはむずかしい。1702年(元禄15)ごろに2世文弥が現れたものの、義太夫節に押されて、ほどなく廃れた。近年まで石川県や鹿児島県でも文弥人形の音楽として演奏されたが、現在は佐渡の郷土芸能として伝承されている。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

文弥節の関連キーワード山之口麓文弥節人形浄瑠璃資料館 人形の館宮崎県都城市山之口町山之口東郷文弥節人形浄瑠璃都太夫一中(1世)岡本文弥(1世)岡本文弥(2世)山之口の文弥人形岡本文弥(1)新潟県佐渡市山之口〈町〉難波浄瑠璃上方浄瑠璃小林平太夫文弥人形豊後節節付け佐渡島一中節山之口豊後

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文弥節の関連情報