コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人遣い ひとりづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一人遣い
ひとりづかい

人形遣いが,1つまたはそれ以上の人形を1人で遣う操法。 17世紀から 18世紀初めの人形浄瑠璃で行われ,辰松八郎兵衛などの名手を生んだが,享保 19 (1734) 年三人遣いが考案されて以後は衰退。地方の古浄瑠璃系人形などに残った。今日文楽の人形でも,ツメと呼ばれる端役は一人遣いである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

一人遣いの関連キーワード野呂松人形・野呂間人形西川 古柳(4代目)辰松八郎兵衛(初代)山之口の文弥人形桐竹門造(5代)藤井小三郎野呂間人形藤井小八郎朝鮮演劇文弥人形人形遣い秩父人形天津司舞義太夫節片手人形北原人形人形劇手摺り車人形出遣い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android