山内南州(読み)やまうち なんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内南州 やまうち-なんしゅう

1708-1770 江戸時代中期の医師。
宝永5年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の人。京都でまなび,大坂で開業。貴賤をとわず診療にあたった。元文3年法橋(ほっきょう),のち法眼。明和7年2月8日死去。63歳。名は正興。字(あざな)は左竜。著作に「傷寒分類証治」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android