貴賤(読み)きせん

精選版 日本国語大辞典「貴賤」の解説

き‐せん【貴賤】

〘名〙
身分いことと賤(いや)しいこと。また、身分の高い人と低い人。
※続日本紀‐養老元年(717)一一月戊午「詔曰、国輸絹絁、貴賤有差」
謡曲・笠卒都婆(1430頃)「重衡最後を見んとて、貴賤立ち囲みし中を」 〔易経‐繋辞上〕
② 金額の高いことと安いこと。
※史記抄(1477)一五「賈と云時は価音なり。司馬貞が意は其時節によって貴賤を評して買ふほどに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「貴賤」の解説

き‐せん【貴×賤】

貴いことと、卑しいこと。また、身分の高い人と低い人。「職業に貴賤なし」「貴賤貧富」
[類語]身分尊卑出自家格門地階級家柄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「貴賤」の解説

【貴賤】きせん

尊卑。〔荘子、天下〕古の喪禮、貴賤儀り、上下り。天子は棺槨七重、は五重、大夫は三重、士は再重。

字通「貴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android