山原船(読み)やんばるせん

大辞林 第三版の解説

やんばるせん【山原船】

江戸時代以来、琉球諸島間の海運に使われた中国系ジャンク技術をもとにした二本マストの小型帆船。主として山原地方の農林産物輸送に従事した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やんばる‐せん【山原船】

〘名〙 近世から昭和初期まで使われた琉球の荷船の一種。中国式ジャンク船技術を基本とした琉球独特の馬艦船のうち、近海航路に使用する小型船の俗称。主として山原地方のたきぎなど農林産物を、首里・那覇に運送していたのでこの名が生じた。
※南航日記‐明治一七年(1884)五月一八日「蒲帆船一私言耳、旧藩府称曰馬艦船、俗呼曰山原船」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の山原船の言及

【平安座島】より

…第2次大戦前は農業,漁業,海運業が行われていた。とくに海運業は,全盛時代には100隻近くの山原(やんばる)船(平安座船)を擁し,沖縄本島内の国頭(くにがみ)地方と中・南部の泡瀬,与那原(よなばる),糸満,泊(那覇)の各港を結んで交易したほか,遠くは先島諸島や奄美諸島まで出航した。戦後はまったく姿を消し,島内の耕地もCTS建設以後激減している。…

※「山原船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山原船の関連情報