山口半峰(読み)やまぐち はんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口半峰 やまぐち-はんぽう

1869-1939 明治-昭和時代前期の書家。
明治2年1月2日生まれ。長三洲らに書をまなぶ。山形県酒田高女の教師をへて,明治44年大日本臨池会をひらく。宮内省の貴重文書の浄書にあたり,また尋常小学校の教科書「国語書キ方手本」をかいた。昭和14年1月30日死去。71歳。出羽(でわ)酒田(山形県)出身。名は彦惣,のち彦総。字(あざな)は素卿。著作に「三体千字文」「書道要訣」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android