コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口半峰 やまぐち はんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口半峰 やまぐち-はんぽう

1869-1939 明治-昭和時代前期の書家。
明治2年1月2日生まれ。長三洲らに書をまなぶ。山形県酒田高女の教師をへて,明治44年大日本臨池会をひらく。宮内省の貴重文書の浄書にあたり,また尋常小学校の教科書「国語書キ方手本」をかいた。昭和14年1月30日死去。71歳。出羽(でわ)酒田(山形県)出身。名は彦惣,のち彦総。字(あざな)は素卿。著作に「三体千字文」「書道要訣」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山口半峰の関連キーワード書家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android