山口小静(読み)やまぐち こしず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口小静 やまぐち-こしず

1900-1923 大正時代の社会運動家。
明治33年台湾生まれ。東京女高師(現お茶の水女子大)在学中に山川菊栄(きくえ)の社会主義研究会にはいって活動し,退学処分となる。大正10年水曜会に参加。病気療養のため台湾にもどり,ロシア飢饉(ききん)救済運動をおこしたが,大正12年3月26日死去。24歳。別名は吉田梅子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android