コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川菊栄 やまかわきくえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山川菊栄
やまかわきくえ

[生]1890.11.3. 東京
[没]1980.11.2. 東京
婦人運動家,評論家。父は海外経験をもつ官吏,母は水戸藩儒学者の娘で東京女子師範卒という開明的な家庭に育つ。女子英学塾(→津田塾大学)在学中に婦人運動に目覚め,研究を重ねる。卒業後,社会主義に関心をいだき,1916年社会運動家の山川均と結婚,1921年日本で最初の社会主義婦人団体,赤瀾会を結成する。平塚らいてう与謝野晶子を相手に母性保護論争マルクス主義の視点から展開したほか,『婦人問題と婦人運動』(1925),『無産者運動と婦人の問題』(1928)など多数の論文を執筆・翻訳し,社会主義運動の理論家として活動した。第2次世界大戦後は,片山哲内閣の労働省婦人少年局初代局長となり,婦人行政の基礎づくりに尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまかわ‐きくえ〔やまかは‐〕【山川菊栄】

[1890~1980]評論家・婦人運動家。東京の生まれ。山川均と結婚。伊藤野枝らと赤瀾会(せきらんかい)を結成、社会主義の立場から婦人解放運動に活躍。第二次大戦後、初代の労働省婦人少年局局長。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

山川菊栄【やまかわきくえ】

評論家。東京の生れ。津田英学塾卒。1916年山川均と結婚。1918年の母性保護論争では社会主義的立場から発言した。1920年日本社会主義同盟に参加,1921年赤瀾会を結成,1947年労働省婦人少年局の初代局長となった。
→関連項目女人芸術

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川菊栄 やまかわ-きくえ

1890-1980 大正-昭和時代の女性運動家,評論家。
明治23年11月3日生まれ。山川均(ひとし)の妻。社会主義の立場から女性解放を論じる。大正10年赤瀾(せきらん)会を結成,翻訳や著作をとおして活躍。戦後は労働省婦人少年局の初代局長となった。昭和55年11月2日死去。89歳。東京出身。女子英学塾(現津田塾大)卒。旧姓は森田。著作に「婦人問題と婦人運動」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

山川菊栄

1890〜1980(明治23年〜昭和55年)【女性解放思想家】社会差別の視点で女性解放を捉えた。 聡明さと強い意思を持った女性運動家。大正・昭和期の社会主義女性解放思想の代表的理論家。東京都出身。女子英学塾卒。夫は山川均。1911年(大正10)堺(近藤)真柄らと赤瀾会を結成。1918年平塚らいてうと与謝野晶子との間で起こった母性保護論争に、差別のない社会でしか女性の自立解放はないとする社会主義的論理で参加。23年関東大震災時に朝鮮人虐殺を引き起こしたとして軍部を非難。第二次大戦後は労働省婦人少年局初代局長に就任。自伝「おんな二代の記」。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまかわきくえ【山川菊栄】

1890‐1980(明治23‐昭和55)
評論家。東京出身。母は水戸藩の儒者青山延寿の娘で東京女子師範第1回卒業生,父は開明的官僚という家庭に育ち,女子英学塾を卒業。1916年山川均と結婚。18年の母性保護論争で社会主義の立場に立つ婦人論を展開して論壇に登場。以後,ベーベル(《婦人論》を初完訳),カーペンターらの著作を翻訳紹介する一方,《婦人の勝利》(1919),《婦人問題と婦人運動》(1925)などの著作で,科学的社会主義に基づく婦人論,婦人運動理論を樹立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまかわきくえ【山川菊栄】

1890~1980) 女性運動家。東京生まれ。女子英学塾卒。山川均と結婚。伊藤野枝らと赤瀾会を結成し、女性解放運動に活躍。第二次大戦後、労働省婦人少年局初代局長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山川菊栄
やまかわきくえ
(1890―1980)

女性運動家、評論家。旧姓森田、一時青山姓。明治23年11月3日東京に出生。1912年(明治45)女子英学塾(現津田塾大学)を卒業。1915年(大正4)神近市子の誘いで大杉栄、荒畑寒村の平民講演会に出席、社会主義への関心を深めた。1916年『青鞜(せいとう)』に伊藤野枝(のえ)の廃娼(はいしょう)運動批判を批判する論稿を寄せ、論壇に登場。同年、社会主義者の山川均(ひとし)と結婚、翌1917年長男振作を出産。1918年から始まった母性保護論争に参加、社会主義女性論に基づく明快な論理の展開で、一躍、女性論壇の第一人者となった。1921年赤瀾(せきらん)会、1922年八日会の創立に手を貸し、社会主義女性団体・グループの養成に尽くした。1923年マルクス主義女性論の古典であるベーベル『婦人論』を初完訳し、普及させた。1925年から1926、1927年(昭和1、2)にかけ展開された無産政党婦人綱領・評議会婦人部論争に加わり、無産女性運動の理論の深化に貢献した。第二次世界大戦中は執筆を続ける一方、戦争非協力の姿勢を保った。敗戦後の社会党首班内閣のとき、初代の労働省(現厚生労働省)婦人少年局長になり、1947年(昭和22)から1951年まで在任、女性・年少労働者の保護行政の基礎固めをした。退任後も、『婦人のこえ』や婦人問題懇話会を組織し、女性問題の研究・啓蒙(けいもう)に尽くした。昭和55年11月2日死去。倉敷の山川墓地の、夫との合葬墓に眠る。[鈴木裕子]
『『山川菊栄集』10巻・別巻1巻(1981~1982・岩波書店) ▽鈴木裕子編『山川菊栄女性解放論集』全3巻(1984・岩波書店) ▽鈴木裕子編『山川菊栄評論集』(1990・岩波書店) ▽鈴木裕子編『新装増補 山川菊栄集 評論篇』全9巻(2011~ ・岩波書店) ▽山川菊栄著『女二代の記』(平凡社・東洋文庫) ▽山川菊栄生誕百年を記念する会編『現代フェミニズムと山川菊栄――連続講座「山川菊栄と現代」の記録』(1990・大和書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山川菊栄の言及

【労働省女性局】より

…労働省内の一局。1947年9月労働省発足と同時に,婦人労働問題,年少労働問題,そして一般の婦人問題に関する総合的な施策を国の責任において実施するために婦人少年局が設けられ,山川菊栄が初代局長となった。1984年婦人少年局は,女性労働者が増大し,年少労働者が減少したため再編・整備され,庶務課,婦人政策課,婦人福祉課からなる〈婦人局〉となり,97年10月には女性局と名称を変えた。…

【解放】より

…創刊号に〈宣言〉をかかげるなど,他の総合雑誌とは性格を異にし,労働問題,社会問題がとくに重視され,社会主義思想の影響を強く受けた。黎明会,新人会の会員が執筆したほか,荒畑寒村,堺利彦,山川均,山川菊栄などの社会主義者も毎号のように登場している。文芸欄には小川未明,宮地嘉六,金子洋文らが執筆,しだいに労働者作家,社会主義的作家の寄稿が増加したが,関東大震災のため23年9月終刊した。…

【赤瀾会】より

…設立世話人は,堺真柄(さかいまがら),九津見房子,橋浦はる子,秋月静枝の4人。顧問格で山川菊栄と伊藤野枝が加わった。綱領に〈私達は私達の兄弟姉妹を窮乏と無智と隷属とに沈淪せしめたる一切の圧制に対して断乎として宣戦を布告するものであります〉とうたい,活発な街頭活動を展開した。…

※「山川菊栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山川菊栄の関連キーワードグレゴリー フルーグフェルダー労働省女性局九津見 房子山川 菊栄生田 長江近藤 真柄新婦人協会小見山富恵森田 千世片山哲内閣山川 均森田千世昭和時代照山修理山口小静林 てる林てる官吏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山川菊栄の関連情報