コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口辰之介 やまぐち たつのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口辰之介 やまぐち-たつのすけ

1832-1860 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。勅書返納阻止のため長岡駅にあつまったひとり。安政7年3月3日桜田門外に大老井伊直弼(なおすけ)を襲撃,重傷を負って自刃(じじん)した。29歳。名は正。
【格言など】吹く風に此のむら雲を払はせてさやけき月をいつか見ましや(井伊襲撃の出発に際して)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口辰之介の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧桜田門外の変

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android