山口辰之介(読み)やまぐち たつのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口辰之介 やまぐち-たつのすけ

1832-1860 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。勅書返納阻止のため長岡駅にあつまったひとり。安政7年3月3日桜田門外に大老井伊直弼(なおすけ)を襲撃,重傷を負って自刃(じじん)した。29歳。名は正。
【格言など】吹く風に此のむら雲を払はせてさやけき月をいつか見ましや(井伊襲撃の出発に際して)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android