山口鶴男(読み)やまぐち つるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口鶴男 やまぐち-つるお

1925-2015 昭和後期-平成時代の政治家。
大正14年10月4日生まれ。群馬県教組書記長,群馬県会議員をへて昭和35年衆議院議員に初当選(当選11回,社会党のち社民党)。議院運営にながくたずさわり,党の国対委員長,書記長をつとめた。平成6年村山連立内閣の総務庁長官。8年引退を宣言。12年土井たか子社民党党首の要請で引退を返上して総選挙に出馬したが小渕優子に敗れて落選した。平成27年8月3日死去。89歳。群馬県出身。桐生工専(現・群馬大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android