コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小渕優子 おぶち ゆうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小渕優子 おぶち-ゆうこ

1973- 平成時代の政治家。
昭和48年12月11日生まれ。東京放送(TBS)勤務後,父・小渕恵三首相の秘書となる。平成12年父の急死をうけて衆議院選に出馬し初当選(当選6回,自民党)。文部科学大臣政務官をつとめ,20年麻生内閣の少子化対策・男女共同参画担当相として初入閣。26年第2次安倍改造内閣で経済産業相,原子力経済被害担当・産業競争力担当,内閣府特命担当相(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に就任したが,政治資金規制法違反疑惑でひと月半後に辞任。群馬県出身。成城大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

小渕優子

日本の政治家。自由民主党所属。1973年12月11日、東京都生まれ(本籍地は群馬県)。父は第84代内閣総理大臣の小渕恵三(1937~2000年)。成城大学卒業後、1996年にTBSに入社。99年に同社を退社し、父の私設秘書となる。2000年、衆議院議員総選挙に出馬して初当選(14年現在当選5回)。06年に第1次安倍内閣で文部科学大臣政務官を務め、08年発足の麻生内閣では内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)として初入閣を果たした。その後、12年に第2次安倍内閣の財務副大臣に就任。14年9月に発足した第2次安倍改造内閣では経済産業大臣と内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)に任命されたが、同年10月、自身の政治資金を巡る問題の責任を取って両大臣を辞任した。

(2014-10-21)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

小渕優子の関連キーワード麻生太郎内閣小渕 恵三土谷ひろし辞任ドミノ宮沢洋一東京放送山口鶴男

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小渕優子の関連情報