コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小渕優子 おぶち ゆうこ

2件 の用語解説(小渕優子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小渕優子 おぶち-ゆうこ

1973- 平成時代の政治家。
昭和48年12月11日生まれ。東京放送(TBS)勤務後,父・小渕恵三首相の秘書となる。平成12年父の急死をうけて衆議院選に出馬し初当選(当選6回,自民党)。文部科学大臣政務官をつとめ,20年麻生内閣の少子化対策・男女共同参画担当相として初入閣。26年第2次安倍改造内閣で経済産業相,原子力経済被害担当・産業競争力担当,内閣府特命担当相(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に就任したが,政治資金規制法違反疑惑でひと月半後に辞任。群馬県出身。成城大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

小渕優子

日本の政治家。自由民主党所属。1973年12月11日、東京都生まれ(本籍地は群馬県)。父は第84代内閣総理大臣小渕恵三(1937~2000年)。成城大学卒業後、1996年にTBSに入社。99年に同社を退社し、父の私設秘書となる。2000年、衆議院議員総選挙に出馬して初当選(14年現在当選5回)。06年に第1次安倍内閣で文部科学大臣政務官を務め、08年発足の麻生内閣では内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)として初入閣を果たした。その後、12年に第2次安倍内閣の財務副大臣に就任。14年9月に発足した第2次安倍改造内閣では経済産業大臣と内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)に任命されたが、同年10月、自身の政治資金を巡る問題の責任を取って両大臣を辞任した。

(2014-10-21)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小渕優子の関連キーワード内山秀夫大久保直彦岡野加穂留佐々木毅志位和夫多賀谷真稔千田謙蔵原田鋼藤原保信益谷秀次

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小渕優子の関連情報