コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山名是豊 やまな これとよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山名是豊 やまな-これとよ

?-? 室町時代の武将。
山名持豊(もちとよ)の次男。備後(びんご)・山城の守護。応仁(おうにん)の乱では父にそむいて細川勝元東軍に属す。文明7年(1475)惣領(そうりょう)家の山名政豊に攻められ,守護職をうしなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山名是豊の言及

【備後国】より

…旧国名。現在の広島県東部。
【古代】
 山陽道に属する上国(《延喜式》)。古く吉備(きび)国といわれた地域の一部で,大化改新後に吉備総領が任ぜられたが,天武・持統朝ごろ分割されて,備前,備中,備後国が成立した。697年(文武1)閏12月には正史に備前,備中という国名が記されているので,当然備後国も存在したはずである。国府は《和名類聚抄》には葦田(あしだ)郡にありと記され,現在の広島県府中市域の旧国府村大字府川の地にあったと考えられる。…

※「山名是豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山名是豊の関連キーワード室町時代(年表)山名持豊室町時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android