山崎 達之輔(読み)ヤマザキ タツノスケ

20世紀日本人名事典の解説

山崎 達之輔
ヤマザキ タツノスケ

昭和期の政治家 衆院議員;農相。



生年
明治13(1880)年6月19日

没年
昭和23(1948)年3月15日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
京都帝大法科大学〔明治39年〕卒

経歴
台湾総督府参事官から文部省普通学務局長などを経て退官し、大正13年以後、衆議院議員当選7回。田中義一内閣の文部政務次官のあと、昭和9年、党議に反して農相に就き、政友会を除名された。のちに昭和会を結成し、林内閣では農相兼逓相を務める一方、斎藤隆夫演説事件を機に聖戦貫徹議員連盟を結成、政友会の中島知久平派と結んで民政党切り崩しと政友会自壊に奔走した。戦時中は翼賛政治協会委員として戦時協力体制をリードし、東条内閣改造に際しては翼政会を代表して農相、農商務相を務めている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

山崎 達之輔
ヤマザキ タツノスケ


肩書
衆院議員,農相

生年月日
明治13年6月19日

出生地
福岡県

学歴
京都帝大法科大学〔明治39年〕卒

経歴
台湾総督府参事官から文部省普通学務局長などを経て退官し、大正13年以後、衆議院議員当選7回。田中義一内閣の文部政務次官のあと、昭和9年、党議に反して農相に就き、政友会を除名された。のちに昭和会を結成し、林内閣では農相兼逓相を務める一方、斎藤隆夫演説事件を機に聖戦貫徹議員連盟を結成、政友会の中島知久平派と結んで民政党切り崩しと政友会自壊に奔走した。戦時中は翼賛政治協会委員として戦時協力体制をリードし、東条内閣改造に際しては翼政会を代表して農相、農商務相を務めている。

没年月日
昭和23年3月15日

家族
息子=山崎 平八郎(衆院議員) 弟=山崎 巌(内務官僚)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

山崎 達之輔 (やまざき たつのすけ)

生年月日:1880年6月19日
昭和時代の官僚;政治家。衆議院議員
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android