コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎巌 やまざきいわお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎巌
やまざきいわお

[生]1894.9.16. 福岡
[没]1968.6.26. 東京
政治家。東京大学を卒業。内務省に入る。 1942年内務次官。第2次世界大戦後の東久邇内閣で内相となったが,三木清の獄死に関連し共産主義者の弾圧継続などを公言したのを機に,占領軍当局から日本民主化の強硬方針が示され,内相罷免,東久邇内閣崩壊となった。公職追放解除後,52年から衆議院議員に当選。自由民主党憲法調査会長,60年自治相兼国家公安委員長となったが,浅沼稲次郎の刺殺事件で引責辞任した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎巌 やまざき-いわお

1894-1968 昭和時代の官僚,政治家。
明治27年9月16日生まれ。山崎達之輔(たつのすけ)の弟。警視総監,内務次官をへて昭和20年東久邇(ひがしくに)内閣の内相。公職追放解除後の27年衆議院議員(当選7回,自民党)。第1次池田内閣の自治相兼国家公安委員長となるが,浅沼稲次郎暗殺事件で引責辞任。昭和43年6月26日死去。73歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山崎巌の関連キーワード探偵事務所23 くたばれ悪党ども星よ嘆くな 勝利の男くたばれ愚連隊喜劇 花嫁戦争赤いハンカチ山崎 達之輔今日に生きる太陽への脱出地獄の破門状光増感色素東京騎士隊女を忘れろ昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android