コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎巌 やまざきいわお

2件 の用語解説(山崎巌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎巌
やまざきいわお

[生]1894.9.16. 福岡
[没]1968.6.26. 東京
政治家。東京大学を卒業。内務省に入る。 1942年内務次官。第2次世界大戦後の東久邇内閣で内相となったが,三木清の獄死に関連し共産主義者の弾圧継続などを公言したのを機に,占領軍当局から日本民主化の強硬方針が示され,内相罷免,東久邇内閣崩壊となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎巌 やまざき-いわお

1894-1968 昭和時代の官僚,政治家。
明治27年9月16日生まれ。山崎達之輔(たつのすけ)の弟。警視総監,内務次官をへて昭和20年東久邇(ひがしくに)内閣の内相。公職追放解除後の27年衆議院議員(当選7回,自民党)。第1次池田内閣の自治相兼国家公安委員長となるが,浅沼稲次郎暗殺事件で引責辞任。昭和43年6月26日死去。73歳。福岡県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山崎巌の関連キーワード官僚政治大蔵公望大橋八郎大村清一亀井光高瀬伝館哲二中井光次橋本清吉藤井崇治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone