山川下物(読み)やまかわ かぶつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川下物 やまかわ-かぶつ

?-1800 江戸時代中期-後期の俳人。
安永-天明(1772-89)のころ雑俳点者として大坂を中心に活躍。初代嵐雛助の発句代作をしたといわれ,歌舞伎評判記や料理書「献立筌(せん)」の編集にもあたった。寛政12年10月25日死去。別号に二斗庵,おろし藻,無尺舎主人念夢。編著に作法書「誹諧靨(はいかいえくぼ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android