コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山川下物 やまかわ かぶつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山川下物 やまかわ-かぶつ

?-1800 江戸時代中期-後期の俳人。
安永-天明(1772-89)のころ雑俳点者として大坂を中心に活躍。初代嵐雛助の発句の代作をしたといわれ,歌舞伎評判記や料理書「献立筌(せん)」の編集にもあたった。寛政12年10月25日死去。別号に二斗庵,おろし藻,無尺舎主人念夢。編著に作法書「誹諧靨(はいかいえくぼ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山川下物の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟カドゥーダルキュビエジリーシューマッハースボーロフフィッセルドゼー・ド・ベーグー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone