代作(読み)だいさく

精選版 日本国語大辞典「代作」の解説

だい‐さく【代作】

〙 ある人に代わって作品などを作ること。また、その作品。〔文明本節用集(室町中)〕
滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「芥子園書画会から顧炎武が所へよって、山谷か詩会へ廻るが、東坡や放翁か代作(ダイサク)をたのむ事だらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「代作」の解説

だい‐さく【代作】

[名](スル)その人に代わって作品をつくること。また、その作品。「弟子に代作させる」
[類語]模造偽造偽作贋作贋造変造複製作り物偽物紛い物食わせ物如何様いかさま擬古コピーイミテーションレプリカフェイク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android